【風俗嬢や水商売の方向けの賃貸不動産情報サイト5選!】キャバ嬢やホストの方にも人気のおすすめサイトを厳選紹介!

風俗で働いている人が賃貸契約時に審査が通りずらい理由

風俗や水商売という言葉にどのようなイメージがあるでしょうか?

普通の仕事ではないことや、ちょっとダーティーな仕事であるという考えを持つ人が多いのが実情です。

そのため風俗店などに勤務していると住宅の問題が生じるケースが多く見受けられます。中には社員寮として店でアパートを借り上げているところもありますが、そのような福利厚生が無い場合は自分で賃貸住宅を探すことになります。

仕事のイメージから収入が不安定だと思われてしまう

もし風俗店で勤務しているあなたが賃貸住宅を探す場合、勤務先を記入する時点で大きな問題が生じるでしょう。

賃貸住宅を借りる際には、借りる人がこの先延滞することなく賃料を払っていけるかを判断するため、勤務先と勤務年数、おおよその年収を不動産業者に知らせなくてはなりません。

そのデータを基に大家さんを交えて審査が行われ、この人に家を貸してもいいかが決定されます。

賃貸住宅を借りている人には、その住宅に住み続けるための様々な権利が付与されます。

仮に賃料が払えなくてもすぐに住む場所を失わないための施策ですが、貸す側からすれば賃料トラブルが発生した際に簡単に出て行ってもらえなくなることに他なりません。

そのため安定して収入がある人だけに住宅を貸したいのです。

審査の基準は大家さんによって異なり、賃貸保証を付けるかどうかでも審査の厳しさは異なってきます。

中には”正社員で勤務している人にだけ貸す”というスタンスをとる住宅もあります。

風俗店で勤務していることをなるべく知られたくない気持ちがあるものですが、それが勤務先を書けない理由となるのです。

審査をクリアするために行われていること

賃貸契約時に勤務先を記入すると言っても、記入する必要があるのは会社名と連絡先だけです。

業種や具体的にどのような仕事をしているかについて公にする必要はありません。

そこで事務員をしていても、コンパニオンとして働いていても、契約には影響が無いのです。

そのため風俗店を運営している会社の名前だけを書けば、不動産会社などに仕事の内容を知られることは基本的に無いと言えます。

契約時の審査の多くは勤め先への在籍確認の電話のみであり、そこで電話に出た人に事情を説明し、本当にスタッフとして勤務しているかを聞き出します。

働いていることが判明すれば審査はクリアと言うことになるでしょう。

そもそも契約時に勤務していても、居住している間に勤め先が変わることはしばしばあるものです。

その度に審査を行い契約をし直しているマンションは存在しません。

あくまでも契約時に、記入した会社で勤務していることが証明されれば問題なく住宅を借りられるのです。

また、殆どのお店では電話に上手に対応して貰えます。中にはアリバイ会社を持っている所もあり、問題なく住宅を借りることができます。

専門のサイトで住宅を探すと効率的

それぞれの住宅によって、どこまで詳細にリサーチを行うかは異なります。

特に厳しい所では前年度の収入を証明する書類を提示する必要がある場合もあります。

そのため審査が緩やかな住宅に限定して探すことで、審査による無駄な手間を省くことができるでしょう。

人口減少が進んでいる中で、風俗や水商売をしている方であっても家を借りて貰いたいという大家さんは数多くいます。

近年の住宅は防音性が高く、深夜に帰宅し、生活時間帯が周辺の方と違っていたとしてもそれほど大きな影響が無いのは事実ですし、実際に安定した収入があり、賃料を払っていける方に家を貸さないことは無駄に空室リスクを大きくするだけなのです。

風俗店や水商売で働く人向けに作られた住宅情報サイトでは、借りやすい物件が多く取り扱われていたり、スムーズに審査をクリアするための工夫が提案されています。

一般的な不動産店でなかなか良い住宅が見つからない場合でも、すぐに家が見つかることもあります。

もし住宅を探しているときは、このサイトのようなランキングサイトなどの利用を考えてみましょう。