【風俗嬢や水商売の方向けの賃貸不動産情報サイト5選!】キャバ嬢やホストの方にも人気のおすすめサイトを厳選紹介!

風俗や水商売で働いている人に特化した賃貸業者とは?

風俗や水商売で働いている方は、賃貸契約を締結する時に入居審査で引っ掛かり賃借できないデメリットがあると言われています。

その理由には夜の仕事に勤務している点で、一般の方との生活スタイルがズレている点や浮き沈みが激しく仕事の定着率がない点があるからです。

時間帯のズレによる近隣の方の迷惑や、家賃の支払いが将来滞る可能性があり、家主にとっても収入が不安定になりやすい職業として意識されています。

実際に風俗で働いている方は賃貸契約を結べないか

風俗で働いている方であっても、賃貸契約を締結することができなくはありません。

近年は少子高齢化の流れを受けて空き部屋の数も増えている傾向が見られます。

オーナーの考えとしては空き部屋にしておくよりも誰かに貸して収益を上げた方が良いからです。

そのため近年は入居審査の条件も人気の物件以外では緩和されています。

ただ希望の物件を探した場合、その物件に入居審査があれば風俗や水商売の方は賃貸契約を締結することが難しいケースも多いです。

入居審査には一定の年収があることを証明したり、勤務先の会社が名の知られている会社であることを要件としている場合もあります。

そのため入居審査が存在するだけ、希望の物件の部屋を自由に借りることが難しくなると考えた方が良いです。

もっとも事前に借りる前に、その審査の内容や条件なども不動産会社が教えてくれるため、事情を話してみることはポイントになるかもしれません。

結論として風俗・水商売で働いている方が希望の物件には住むことができない場合があります

しかし一方では入居審査が緩い物件も数が多く存在するので、そういった物件を探せば賃貸契約締結できないことはありません。

風俗や水商売で働いている方に特化した賃貸斡旋サービス

風俗や水商売の方は、希望の賃貸物件を借りにくいというのはもはや常識のようになっています。

ただそれを商機として逆にそういった仕事をされている方向けの賃貸斡旋サービスを提供している不動産会社も存在します。

そのメリットは対象が風俗や水商売で働いている方向けという目的が前提になっているため、対象となる方にとっては借りやすい点があります。

つまり入居審査があっても緩い特徴があるため、そこに相談すれば自分の希望の賃貸物件を見つけることにも繋がります。

実店舗でもサービスを展開していることもありますが、外見上判別できないことも多いです。

そこでインターネットなどでも盛んに風俗や水商売の仕事をしている方向けの物件紹介を行うサイトが存在します。

風俗や水商売の方向けの不動産情報サイトを活用してお問い合わせしてみれば、一般的な不動産会社よりもハードルを低くして賃借できる可能性もあります。

また実際に実店舗を探す上でも一つの基準にもなり、直接的に訪問してスタッフに相談して探すことにも適しています。

風俗や水商売の方向けに特化した賃貸情報サイトの選択ポイント

風俗や水商売で勤務されている方は入居審査が存在することを考慮して、そういった方に特化した賃貸情報サイトで探してみることがおすすめです。

ただネット上には様々な賃貸情報サイトが存在していますので、その選択ポイントを把握しておくことが重要となります。

まず扱っている物件数が豊富に存在することで、その数が多ければ多いほど借りる人にとっては有利です。

もっとも地域に強みが存在する場合もあるため、その地域で見つかりやすいかも選択する場合のポイントになります。

また実際にそのサイトから相談を行った場合の口コミによる評価なども重要な視点です。

何らかのトラブルが発生すると、口コミの掲示板に記載されることが多いため、サービスが悪い可能性があると判断することができます。

また重要な視点には賃貸情報サイト自身が親身に相談に乗ってくれ、仮に入居審査が存在する場合でもその審査通過に関するノウハウに明るいこともポイントです。

ただ借りたい方を他社に横流しをしている場合だと意味がありません。

もっとも情報を掲載している不動産会社が、実店舗を持っていることも重要なポイントです。

直接的に対面できることで希望の物件は難しくても、それに代わる優れた物件を提示してくれる可能性もあるためです。