【風俗嬢や水商売の方向けの賃貸不動産情報サイト5選!】キャバ嬢やホストの方にも人気のおすすめサイトを厳選紹介!

貯金額が高いと風俗嬢でも賃貸を借りられる?

風俗嬢は一般的に賃貸物件を借りにくい職業の一つだといわれています。それはイメージがそれほど良くないということがあるからです。イメージが良くないからこそ断られることが多いという事情があります。

そこで貯金額が高い風俗嬢は賃貸物件が借りやすくなるのかということについて説明していきます。

 

預貯金審査によって審査を通るようにする

風俗嬢に関していえば、例えお金を持っていても通常の入居審査に通らない可能性があります。イメージが正直いってよくないという側面があるので、リスクが高い人をなるべく避けたいという大家さんの事情もあるでしょう。

お金があるということであれば、預貯金審査という方法で審査をしてくれるところもあります。ただし、全部の大家さんや不動産業者で取り入れているというわけではないという点には注意してください。必要となる貯金額さえ満たせば、職業に関わらず入居することが可能になります。

賃貸物件は2年契約が一般的ですが、契約期間分の貯金があるのかというのがポイントです。つまり、25か月分の家賃が支払えるだけの財産があるのかということです。それぐらいのお金があれば、家賃未払いのリスクを抑えることができますので、それぐらいのお金があるならばこういう審査方法を提案してみるといいでしょう。

 

風俗に強い不動産業者に頼るようにする

貯金額がいくら高いといっても、風俗嬢の人が一般の不動産業者に頼ったところで可能性は低いです。そこで、風俗嬢に強い不動産業者に頼って賃貸物件を探すのがいいでしょう。同じ職業に勤めている人がいれば、そういう不動産業者を紹介してもらえたりしますので、そういうところに行ったほうが確率は上がります。

風俗嬢に強い不動産業者に頼ることによって、入居できる可能性をより高めることができます。こういうところであれば門前払いをされるということはありませんので、もし困っているならば一度相談をしたほうがいいです。相談をすることによって可能性を高めることができるでしょう。

不動産業者を味方につけるということも考えてみるといいでしょう。基本的には仲介料をもらうためにも、入居してもらったほうがいいわけです。ただ、入居してからトラブルを起こすのはもっと迷惑な話ですので、それを避けてほしいという側面があります。入居する方法を不動産業者と一緒に考えることにより、入居する確率を上げることにもつながります。

 

優良な借り手であることを精一杯アピールする

最後は優良な借り手であるということをアピールしてみましょう。大家さんが懸念しているリスクがないということをアピールすることによって、入居を可能にすることにつながります。特に家賃をしっかりと支払えるということをアピールすることは有効で、家賃滞納をしないということを示すことも大事です。

きちんと確定申告をしているとか、納税証明書が出せるということなどをきちんとすることによって、ちゃんとしているということを示すだけでも全然印象が違います。マイナスなイメージからきちんとしているというイメージを出すだけでも、好印象を勝ち取ることが可能です。

少しでも好印象を与えることができれば、もしかすると優良な借り手であることをアピールすることにつながります。優良な借り手であれば多少初期費用は掛かりますが、普通の審査であっても入居審査に通る可能性があります。

 

風俗嬢の賃貸物件の入居審査については、落ちる可能性が高いといえます。職業に対するイメージの悪さや家賃延滞の可能性も高いという事情があるからです。ただ、風俗に強い不動産業者に相談したりすることによって、入居する確率を上げることにもなります。

もし貯金があるということであれば、預貯金審査という方法を提案することによって、どんな職業でも入居できたりします。あとは、少しでも良い借り手になるようイメージを良くするような努力をすることによって可能性を高めることもできるでしょう。

 

おすすめ関連記事




サイト内検索
賃貸情報サイトランキング!
記事一覧