【風俗嬢や水商売の方向けの賃貸不動産情報サイト5選!】キャバ嬢やホストの方にも人気のおすすめサイトを厳選紹介!

水商売をしている人の賃貸契約までの流れ

風俗や水商売関係での職業柄、部屋を借りるまでには、どんな事柄が必要になるのでしょうか。

一般の職業の契約前と何かしら変化があるのか、あるとすればどんな点なのか、入居するまでの流れを事前に確認する必要がありそうです。

契約までに準備しておきたい書類もある

水商売や風俗で働く人にとっては住む場所が必要ですし、地方から出稼ぎで都心に引っ越すのならば、賃貸契約するまでの流れを確認しておきたいものです。

水商売や風俗というように、夜の仕事への偏見は都心の繁華街においては少ないようで、アルバイトや派遣業なども同じく不安定な職業での審査となるために借りる条件はどの職業でも同じなのは確かです。

水商売をしている人の賃貸契約は、他の職業に就いている人と何1つ変わりません。

契約するまでには実際に不動産会社まで来店しなければ手続きが進まないので、地方から都心へ出稼ぎに来るならば、1度は上京しなければなりません。

契約完了から入居まで最短1日、基本的には10日前後の余裕を持って引っ越しの段取りを行いましょう。

賃貸借契約を結ぶ前には、入居審査が待ち構えています。

また契約時に必要なものは、身分証明のための住民票印鑑証明、風俗や水商売の仕事ならばフリーランスと印象付けられるために収入証明書類保証人を立てるならば証明書銀行口座印鑑現金も用意しておきましょう。

未成年や収入面に難がある場合、契約前に保証人を立てることも必要ですが保証会社を利用することも可能ですから、事前に問い合わせておきましょう。

初期費用としての敷金や礼金、不動産会社へ支払う仲介手数料など、現金も用意しましょう。

ちなみに水商売や風俗で働いている人の場合、家賃の50%からという水準で保証金などは支払うようです。

何かと費用がかかってしまわぬように、敷金や礼金0または安い賃貸物件を探してくれる、こうした快く行ってくれる不動産会社を見つけてみましょう。

まずは情報収集をすることから始める

トラブルなく賃貸契約を交わすにも物件探しが必要で、専門の不動産会社に相談するのも一法です。

入居審査が簡単に通る物件を多く取り扱っていて、容易に入居できるメリット、偏見されがちな職業の話もしやすいでしょう。

インターネットサイトや、街中には夜のお仕事専門などの看板を掲げている不動産会社、紹介会社が数多く展開しており、SNSでも相談を受け付けているので、まずは相談から始めましょう。

地方から出稼ぎに上京するにしても活用できそうです。

通常は、自分で現地まで足を運んで部屋を見学し契約手続きをする流れですが、相談や情報収集だけなら来店の必要がないSNSの利用法は大きなメリットでしょう。

契約までの流れとしては、希望条件だけを伝えるだけで、適切な部屋を選んでくれます。

例えば勤務先に近い場所で探したい、水商売をする女性ならばセキュリティがしっかりした賃貸を探すべきでしょう。

しかし家賃は平均よりも高めになる傾向で、都心では6畳ワンルームマンションで月額10万円ほどですが、治安の良いエリアに住むことも重要です。

直接複数の不動産会社を訪ねて、審査が比較的易しい物件を教えて欲しい、あるいは図面だけもらいたいなどと伝えれば問題なく部屋の間取り図を渡してくれたり、お得な情報を教えてくれます。

条件に合うのかは内見してから決める

賃貸契約までの流れ、特に地方からの場合には、内見の申し込みをすることは必要なので、メールや電話での問い合わせ、SNSでのやり取りでスケジュール調整を行いましょう。

中には、自社管理した賃貸物件を紹介している不動産会社もあり、審査は100%通るのが特徴で、仕事を始めたばかりの人や地方から上京してくるなどで審査に通る自信がないという人には適しています。

上京したいと考えているなら、契約までの流れは物件情報を賃貸サイトなどから確認をし、希望の場所間取り設備などの条件を決めて、物件をピックアップします。

初期費用の準備、引っ越しのメドが立ったら、不動産会社に問い合わせをし、内見や相談をするため上京する日にちを決めますが、水商売をしていることを事前に伝えましょう

内見をして物件が決まったら、申し込みという流れになります。

申込書の内容が入居審査の対象で、書類審査金融審査があります。

結果は3日から7日ほどかかり、担当した営業マンが教えてくれます。無事審査に通れば契約を取り交わします。

 

 

おすすめ関連記事




サイト内検索
賃貸情報サイトランキング!