【風俗嬢や水商売の方向けの賃貸不動産情報サイト5選!】キャバ嬢やホストの方にも人気のおすすめサイトを厳選紹介!

賃貸に住めるまでどれくらいの期間がかかる?

地方から上京してくるにしても、住む部屋を探すためには不動産会社に足を運び、契約してから鍵を受け取るまでに多少の時間が必要です。

しかし夜の職業の場合、例えば風俗で働く人にとっては長い期間かかる可能性もあるようで対策が必要になりそうです。

 

タイミングなどもポイントになる

風俗店で働くために地方から上京するのならば、賃貸に住めるまでには長期から短期まで空室のタイミングや決断力のなさなどから期間は異なります。

地方からならば最短1日、次に1ヶ月未満、さらに10日未満というデータも不動産関連から報告されています。

地方から都心に上京し、賃貸を探すための交通費や宿泊費も勿体なく感じるようで、何度も足を運ぶことは現実的ではない意見です。

大半は風俗店への面談に合わせて契約を交わしているようで、インターネットを使って情報収集をして、事前準備を整えていることで最短1日を実現できています。

当日の効率のよさ、物件を見学できる段取りは不動産会社の手にもかかっているために、後悔しない賃貸探しをしたい場合には1ヶ月未満という期間がかかっています。

賃貸に住めるまでにはインターネットで検索した物件情報を比較、不動産会社に足を運んで見学しますが、希望条件の優先順位が変化することも少なくありません。

上京して初めて相場観が分かったり、とはいっても期間が長ければ満足度の高い賃貸に住めるワケではありません。

空室になるタイミングが合わない場合があるからです。

ですが風俗店で働きたい人向けに賃貸物件の紹介から入居までのサポートを行ってくれる業者を活用するのなら、10日前後で賃貸に住むことができるようです。

賃貸選びから引っ越しまでのトータル期間ですが、その中には入居審査が待ち構えています。

風俗や水商売、こうした夜の世界での職業上、審査に通過しなければ長い期間かかる可能性は大きいようです。

 

個人的に動くには早い段取りが必要になる

風俗や水商売で働く人がマンションやアパートに住めるまでに、例えば個人で動くのであれば1ヶ月程はかかるといわれます。

仕事を秘密にしたい・保証人が用意できない・入居審査に落ちる、こうした職業上の問題が尾を引いているようです。

不動産会社と保証会社を探すことも必要、最近は連帯保証人の変わりに家賃滞納時の対策となる家賃を弁済する会社へ加入したい、そうした人も増えています。

また入居審査が通らなくて借りられないなら、通らない原因を探すことも必要です。

契約金の用意も必要、基本的な初期費用は敷金や礼金、仲介手数料や前家賃などです。

インターネットで物件をピックアップし、不動産会社へ見学の予約を入れ、気に入れば申し込みをして、早い人から順次入居審査に臨み通過したら契約という流れです。

人気のある物件は1日で埋まるために、個人で最短1日の契約はムリがありそうです。

 

早く住みたいのなら業者を活用してみる

住めるまでに短期を希望するならば賃貸探しから引っ越しまで、全ての過程をインターネット上で完結させるシステムを採る業者を活用するのが一法です。

特に地方から上京して風俗店などで働きたいといった人に適しており、信頼できる担当者に条件を伝えるだけで、引っ越しトラックの手配まで概ね10日前後で行ってくれます。

気になる物件も現地で待ち合わせ、内覧して申し込み、これまで培ったノウハウにより入居審査も通過、契約を交わすことができます。

収入証明書などを含め、契約時に必要な書類や印鑑などに関しても、事前に教えてくれるため用意するもので手こずる心配もありません。

収入を証明する書類が用意できない、住民票の住所が地方のままという場合でも解決してくれます。

新しいお店で働くなど、土地勘がないという人はそれだけでもメリットは大きいでしょう。

 

風俗などの職業上、どうしても最短1日でお部屋に住むことは難しいようです。

それには入居審査という難関があるためで、通過させるノウハウを持つ業者を利用することで10日前後の期間で住むことができるようです。

 

おすすめ関連記事




サイト内検索
賃貸情報サイトランキング!