【風俗嬢や水商売の方向けの賃貸不動産情報サイト5選!】キャバ嬢やホストの方にも人気のおすすめサイトを厳選紹介!

賃貸の内見時に必要な持ち物はある?

水商売や風俗などで働く女性にとって、住まいを探して契約をするのは、一般企業に勤める人よりも若干ハードルは高めです。

ですがこうした仕事でも契約のできる住まいはありますので、賃貸の内見には積極的に行った方が良いですし、役立つ持ち物も持参をして前向きに検討をすることができます。

 

気が付いたことを書き留めるメモと筆記用具も必要

自分の城となる賃貸を探し始めて、良さそうな物件を発見したら内見へ出かけることです。

今ではインターネット上で、住まいの状態を図面や画像で確認することができますがパソコンで見るのと実際に自分の目で見るのとでは違います。

不動産会社に問い合わせをして予約を入れることで、担当者が一緒にアパートやマンションへ行き、中へ入って状態を確認することが可能です。

必要な持ち物として基本のメモ用紙と筆記用具はバッグの中に入れて出かけます。

普段はあまり文字を書く機会がない現代人ですが、住まいの中を見て色々と気が付くことが出てきたとき、書く物があるとメモをしておけるので便利です。

その時は気になることや良かった点を感じても、一歩外に出て帰ることには忘れてしまうことがあります。

中へ入ることのできるチャンスなので、もしもこの物件に住むことになったら何をどこへ置くかも考えますので、そのメモ書きをするためにも重宝するのが筆記具です。

一緒に内見をしてくれる不動産会社のセールスに毎回借りるのは気が引けますので、自分用の紙とペンを持参することは忘れないようにしましょう。

 

幅や高さを測るメジャーもバッグに入れておくこと

気になる賃貸を見つけて内見をすることになったらメジャーも持っていきましょう。

普段はあまりメジャーなどを使う機会はないとしても100円均一ショップでも売っているので、事前に準備をしておきます。

なぜ家の中を見るだけなのにメジャーが必要かですが、今持っている家具や家電製品などを、その家の中に置けるかどうか寸法を測るために必要だからです。

現在住んでいる住まいではすべての家具がマッチしていても、新しい住まいにすべての家財道具が持ち込めるかは、実際に測ってみなければわかりません。

家電製品や家財道具は幅や高さによっては、住まいに合わないこともありますし、測ってみてフィットするようならラッキーです。

窓の幅や玄関のドアの幅を測ることも忘れてはいけないのは、家具を中へ持ち込めるかどうかがかかっているためであり、もしも入り口が狭いと買い替えないとなりません。

その家に決めて住み始める1日目からプライバシー保護のためにも、必ずカーテンは必要になるので、窓のサイズも測り契約をしたらすぐにカーテンを用意しておきましょう。

 

カメラやスリッパも準備をしておくこと

賃貸の内見に行くときに常に室内が掃除されているわけではなく、一定期間の空室であれば床にはホコリや汚れが付いていることがあります。

玄関で靴を抜いてそのまま歩くと靴下が汚れますので、あらかじめ自分用のスリッパを持参することです。

不動産会社の物件紹介にも賃貸物件の写真の掲載はされていますが、実際に自分で見た状態とはイメージが異なることがあります。

せっかく家の中へ入ったのですから、持参をしたカメラで撮影をしておくことです。

その時には素敵だなと感じても、記憶はどんどん薄れていくので、カメラで画像を残しておく方が、後から見直しもできるので後悔がありません。

デジタルカメラなどを持っていないなら、誰もが持っている携帯電話やスマートフォンのカメラ機能を使えばOKです。

後から自分で確認ができればよいのですから、自分のスマートフォンで写真撮影をしたり動画撮影をしておくと、内見後にもイメージをしやすくなります。

住まいのことを誰かに相談する際にも画像や動画があった方が伝えやすいです。

 

良さそうな物件を見つけたら積極的に賃貸の内見へ出かけたほうが良いですし、あると便利な持ち物はあらかじめバッグに入れておきましょう。

気付いたことを書いておける筆記用具とメモ用紙、イメージを持ちやすいようにカメラも持参をしたり、メジャーやスリッパもあると重宝をします。

おすすめ関連記事




サイト内検索
賃貸情報サイトランキング!
記事一覧