【風俗嬢や水商売の方向けの賃貸不動産情報サイト5選!】キャバ嬢やホストの方にも人気のおすすめサイトを厳選紹介!

家賃相場はどのくらい?風俗で働く人の賃貸探し

風俗で働く人の賃貸探しでは家賃相場を把握しておくことがとても大切です。

風俗で働いている人は賃貸の審査に通りにくい傾向があります。

審査に通りにくいという不利な立場につけこんで、相場よりもはるかに高い家賃を請求してくる業者もあるので注意です。

 

 

 

家賃は平均よりも高めになる傾向

風俗の仕事をする女性はストーカー等に注意することが必要ですが、そういった被害にあわないためにセキュリティがしっかりした賃貸マンションに住む必要があり、家賃は平均よりも高めになる傾向があります。

ストーカー被害などにあわないためには治安の良いエリアに住むことも重要といえます。

都心部では6畳ワンルームマンションでも月額10万円を超えるということも珍しくないので、短期間でがっつりと稼ぐことが目的ならば家賃をおさえるために3畳ワンルームに住むという選択肢もあります。

 

風俗で働く人は賃貸の審査に通りにくい?

風俗で働く人は高収入を得ている傾向ですが賃貸の審査には通りにくいと言われていますが、それは収入が不安定ということです。

賃貸の審査では最終的にオーナーがOKするかどうかにかかっています。

風俗に対して偏見を持つ人は残念ながら存在しますので、オーナーが「風俗で働いている人とは契約したくない」と考えている人だったら契約は難しいでしょう。

このように、風俗で働く人は賃貸の審査に通りにくいので、必ずしも相場通りの賃貸マンションに住めるとは限りません。

収入が不安定という欠点を克服するために、2年分の家賃をまとめて一括でおさめるという方法がよく紹介されています。

お金を持っている人ならそういった方法も検討してみてもいいかもしれませんね。

 

風俗・水商売勤務の人専用のお部屋探し

最近では風俗・水商売勤務の人専用のお部屋探しサイトなども登場しています。

そういった専門の業者を利用すれば経験とノウハウを持っていますので、審査に通る確率がぐっと上がります。

出稼ぎに来ている人は東京から大阪、逆に大阪から東京というように遠方から出てくるケースも多いので、そういったケースではお店が用意している寮を利用するでしょう。

しかし、お店が用意している寮は敷金・礼金がかからないかわりに相場よりもはるかに家賃が高くなっているということもあります。

悪質なお店では不明瞭な手数料がひかれて、わざとギリギリの生活をさせることで仕事を辞めさせないというやり方をしているところもあるようです。

自分で賃貸マンションを契約すればお店が合わなかったときにもすんなりと辞められ、別の店に移ることができます。

風俗・水商売勤務の人専用のお部屋探しサイトはLINEだけで部屋を契約できることも魅力です。

自分で現地まで足を運んで部屋の見学をし契約の手続きをする必要がないということなど、口コミ・評判を見る限りメリットしかないといえます。