【風俗嬢や水商売の方向けの賃貸不動産情報サイト5選!】キャバ嬢やホストの方にも人気のおすすめサイトを厳選紹介!

風俗で働く人が賃貸を借りるときに必要な費用はどのくらい?

風俗で働いているという人は、賃貸マンションを借りる時に物件探しに苦労してしまうことがありますが、そんな人をターゲットにして賃貸情報を紹介してくれる不動産会社もあるので利用してみると良いでしょう。

賃貸不動産を契約する際に実際にどのような費用が必要となるかなども事前に調べておくと、借りる時にスムーズに手続きを進めていくことができます。

 

 

 

一般的な費用の他に保証金が必要となるケースがある

風俗関係の仕事に従事している人が賃貸アパートを借りる場合に必要となる費用としては、基本的には一般の賃貸不動産と同じような費用が掛かってくることになります。

初期費用としては、賃貸アパートやマンションの敷金や礼金、不動産会社へ支払うことになる仲介手数料の他、家賃の前払い分のお金を最初に用意することが必要です。

風俗で働いている人の場合、収入が不安定になってしまうことが懸念されるので、保証金などを家賃の50パーセントから100パーセント支払うことが必要なこともあります。

一般の賃貸と比べると保証金の金額分を余計に用意しておかなければならないので、少し負担は大きくなってしまいます。

ただし、風俗と言っても業態が幅広いので、キャバクラ等であればスムーズに審査が進んで保証金が要らなくなることもあるでしょう。

借入審査の難易度は利用する不動産会社によって異なっているので、いろいろな業者にアプローチしてみると良いでしょう。

 

セキュリティーが高い物件は敷金礼金等の初期費用も高い

銀座や渋谷、池袋や六本木など、飲食店や風俗関係のお店がたくさんある場所の場合、多くの方が風俗関係の仕事をしているので賃貸不動産のニーズが高くなっています。

この界隈の不動産業者であれば、風俗勤務の方の相談にも乗ってくれることが多く、きちんと借りることができる物件も紹介して貰えることかと考えられます。

深夜に帰宅することが多い風俗関係の仕事についている人はセキュリティーがしっかりとしている物件に住むことが重要となります。

築年数が新しい物件の場合、セキュリティーに配慮した仕様となっていることが多いですが、敷金や礼金が高額に設定されていることが多いので、その分初期費用が高くなってしまうことでしょう。

 

しっかりと家賃を支払っていれば優良な借手である

何かと物件探しに費用が掛かってしまうことが多いので敷金や礼金が少しでも安い賃貸アパートやマンションを探すと良いでしょう。

風俗勤務の方でも物件紹介を快く行ってくれるような不動産業者であれば、少しでも初期費用が安くなるように、家賃や敷金礼金の交渉などを行ってもらえることも期待できます。

礼金に関しては最初に支払ってしまうと戻ってくることが無いお金となるので、できるだけ安くなるようにすることが肝心です。

風俗関係の仕事に従事している人が、通いやすいエリアに住む場合、割と家賃相場が高いエリアを選ぶことが多くなっているので、しっかりと毎月家賃を支払ってくれるのであれば、家主にとっては良い借手となります。

賃貸物件を借りる場合の初期コストとしては火災保険料なども考えておくことが必要です。

また、保証会社に支払う保証金もかなり大きな負担になってしまうので、しっかりと考えておくことが重要となります。