【風俗嬢や水商売の方向けの賃貸不動産情報サイト5選!】キャバ嬢やホストの方にも人気のおすすめサイトを厳選紹介!

更新料ってなに?風俗で働く人の賃貸探し

更新料の発生する賃貸物件を借りている人であれば、風俗店勤務であるかどうかにかかわらず、どのような職種であっても定期的に一定の金額を支払う必要があります。

一般的には2年ごとに請求される例が多く、納入金額は家賃の1ヶ月分相当です。

つまり家賃が10万円の賃貸物件であれば、更新料の納付が必要な月は20万円を支払うということとなります。

 

更新料は比較的東日本に多く見られる慣習

多くの賃貸住宅(マンションやアパート)は2年で賃貸契約の更新時期を迎えることになります。

その期限を迎える数ヶ月前になると、賃貸物件のオーナーや管理会社から更新の契約書と更新料の振込用紙が郵送されることになり、大きな出費となるために事前の心づもりが必要となります。

賃貸住宅のオーナー側にとっては、一時金が得られるというメリットが大きく、慣習として残っていることもありますので、この制度はなかなか減っていかないという側面もあります。

特に住民の入れ替わりの発生しやすい都市部では、確実な収入の確保という観点があるのです。

借り主側にとっては負担の大きなものとなり、常識的な範囲を超えた金額の請求があった場合には交渉の余地がありますので、送付された書類をよく確認しておくことがおすすめです。

なお、契約時に支払い義務が明示されている場合が一般的です。

借り主の職業によって金額が増減することはありません。

風俗店に勤務しているからという理由で、更新期間が短縮となることや金額が増えることもありませんので安心しましょう。

 

風俗店従業員が多く集まる賃貸物件

様々な風俗店の集まる地域には、風俗店勤務者向けの多くの賃貸マンションやアパートが供給されています。

更新料の発生がある物件とない物件が混在している地域もありますので、物件探しの段階でそれらを見極めるという事も意識的に行うと良いでしょう。

一般的に東日本では設定のある物件が多く、西日本では少ないという傾向があるとされています。

また更新料が必要な物件とそうでない物件とでは毎月の家賃設定に違いがある傾向もあります。

一切の手数料のかからない物件は家賃が比較的高く設定されているケースがありますが、相場と大きな違いがないお手頃な物件も探し出すことも可能です。

火災保険料や更新手数料などが発生するかどうかも、物件探しの際に入念にチェックすることがおすすめです。

風俗店の従業員であることに理解のあるオーナーや管理会社も少なくありませんので安心してください。

会社員や公務員と異なり、比較的収入が安定的でないことについても、賃貸契約を結ぶ時にしっかりと伝えておくと、ある程度柔軟性のある対応をしてくれることも期待できます。

 

風俗勤務でも賃貸物件探しは難しくない

かなり昔の時代であれば、風俗店に勤務している場合には賃貸契約が結びにくいという報告がされたことも有りましたが、現在ではそのようなこともほぼ見られなくなっていますので、借りる側にとっては良い環境が整っていると言えます。

またそれぞれの個人の属性によって更新料を大幅に増減することも社会通念上認められないことになりますので、高額な更新料を支払う事を求められることもありません。

その点に関しては、借主側の権利がきちんと守られるようになっていますので安心できます。

特に都市部の風俗店が集中している地域では、賃貸物件探しは困難な作業ではありません。

ウェブ上の情報サイトなどを利用して快適で納得できる家賃の賃貸物件を見つけやすいという傾向がありますので、積極的に活用してみましょう。

更新料が必要である物件は、最初の契約の段階できちんと明示されています

追加の金額を支払っても住み続けたい魅力のある物件であれば納得して支払うという方法もありますし、一切の更新料が必要ない物件を選ぶという自由もあります。

事前の情報収集を入念に行い、納得のいく物件探しを進めていきましょう。