【風俗嬢や水商売の方向けの賃貸不動産情報サイト5選!】キャバ嬢やホストの方にも人気のおすすめサイトを厳選紹介!

求職中でも賃貸を借りられる?

風俗店と呼ばれるお店で仕事をしている人は賃貸物件を借りることができないと考える人も多くいますが、現実にはそうでないケースが多くあります。

求職中の人であったり無職の人であっても実際には入居審査の結果、きちんと家賃が支払われることを大家さんが納得をすれば賃貸契約をすることが可能です。

 

入居審査に通ることで契約することができる

一般的に入居審査に通りやすいのは正社員であり、その次に契約社員や派遣社員などとされていますが、無職の人でも入居審査に合格することは可能です。

正確には、無職であっても求職中であり就職先の内定が決まっているなど、大家さんが納得する材料があることで契約を結びやすくなります。

入居を申し込む際には無職であっても就職する会社が決まっている場合には内定通知を提示することによって、審査に通りやすくなる可能性があります。

他にも転職活動を行っている場合には前年の納税通知書を合わせて提出することによって、仕事をする意思があることを大家さんに認めてもらいやすくなります。

他にも、安定した収入のある保証人を立てることができる場合には審査が通りやすくなり、賃貸契約を結ぶことができる可能性が高くなるのです。

賃貸契約における保証人とは、契約者本人が家賃を支払うことができなくなってしまった時に代わりに支払いをおこなってくれる人であり、貸主は安心して契約ができます。

本人以外が賃貸契約を行うことができる

安定した収入のある親族が実際に住む人に代わって契約をすることによって、無職の人や求職中の人でも賃貸物件に住むことができます。

これは、学生や新社会人などのまだ収入がない人がよく使用する方法であり代理契約とも呼ばれていますが、年齢を問わずに代理契約は行えます。

ただし、代理契約によって賃貸物件に居住する場合には代理契約をしたいと必ず伝えることが重要であり、無断で契約者以外が居住すると強制退去の理由になる可能性があるので要注意です。

物件によっては預貯金の残高によって入居審査をすることができる預貯金審査がありますが、これらが適用できるのかを不動産屋に確認するようにしましょう。

預貯金審査ではすぐに家賃を何か月分も支払うのではなく、支払い能力があるかどうかを判断する材料として利用されることになります。

大家さんの判断によっては家賃を1年分など前払いすることによって契約を結ぶことができる可能性もあるので、預貯金がある場合にはこれによって契約することができるのです。

これらの方法を一時払いと呼びますが、この場合には収入証明書の提出が免除になるなどのメリットがあるので確認することが大切です。

家賃が安い物件を選んで契約をする

少しでも審査に通りやすくするためには家賃が安い物件を選択することで、安い収入や少しの預貯金によって契約をすることができる可能性があります。

また、短期間だけの賃貸契約になるマンスリーマンションやウィークリーマンションの場合には、無職や求職中の人でも借りやすくておすすめです。

これらは入居審査が不要であったり保証人が不要であったりと煩わしい手続きが省かれていることも多く、家賃を前払いによって支払うケースが多いです。

なお、求職中の人であっても、アルバイトなどの収入が少しでもあれば完全に無職である場合に比べて、審査に通りやすくなる特徴がありますが、偽りの素性を名乗ってしまうと確定申告をしている証明書が必要になるのですぐに分かってしまいます

無職相談が可能な不動産屋も多く存在しているので、そのような不動産屋に相談することによって入居できる物件の紹介や審査に通りやすくなるような工夫をしてもらえます。

不動産屋に求職中であることや無職であることを伝える際には、なぜそうなのか正しい理由を述べることで安心してもらうことができるので審査に通りやすくなる可能性があります。

 

求職中や無職の人が賃貸物件に入居するのであれば、どのようにすれば審査に通りやすくなるか、情報を精査することが重要です。

求職中の人や無職の人が賃貸契約をする際には、審査に通りやすい不動産屋を選ぶなど工夫することが重要となります。

おすすめ関連記事




サイト内検索
賃貸情報サイトランキング!