【風俗嬢や水商売の方向けの賃貸不動産情報サイト5選!】キャバ嬢やホストの方にも人気のおすすめサイトを厳選紹介!

保証人不要の賃貸はある?

賃貸不動産を契約するためには、敷金や礼金などの費用面のハードルをクリアするだけでなく、保証人を立てる必要があります。

そして賃貸不動産の入居には審査があるので、これらが揃っていないと審査を通ることができないため、借りることができません。

ですから、風俗嬢は不利な場合が多いです。

しかし、賃貸不動産には風俗嬢でも借りることができる物件もあります。

ここでは保証人不要の賃貸物件はどんな物かについて紹介します。

家賃保証会社を利用する不動産の場合

賃貸物件には保証人が求められますが、不要になる物件もあります。

その一つ目が、家賃保証会社を利用する物件です。

家賃保証会社は、一定の費用を支払うことによって、借りる際の保証人の役割をしてくれる会社です。

保証人は家族が立てられる場合が多いのですが、秘密にしながら借りたい風俗嬢の場合家賃保証会社を利用すれば、家族には連絡が行かないので便利と言えるでしょう。

ただ、家賃保証会社を利用するにあたっても、注意する点があります。

と言うのも、家賃保証会社のカバーする範囲は家賃の部分に限定されることが多いです。

ですから、なにかのトラブルが発生した場合には、自己責任で解決しなければならない場合も発生するのです。

賃貸契約をするときには、火災保険の契約が必要になるのが一般的ですが、火災保険の適用範囲も限定されていて、火災保険だけではカバーできないトラブルもあります。

その場合には別の保険の加入なども必要になりますが、そこでも費用が発生してしまうので、出費が大きくなってしまうデメリットがあります。

クレジットカードの契約で借りられる不動産

賃貸不動産の中には保証人を立てられない場合に、クレジットカード会社と契約し、そのカードを利用して家賃を払うことによって契約できる物があります。

この場合、保証人の役目をクレジットカード会社が代行することになります。

ただ、この方法にもネックが無い訳ではありません。

まず、このシステムに対応するクレジットカード会社は限定される点で、どのカード会社でも良い訳ではない点です。

ですから、クレジットカード会社の選り好みをすることは厳しいです。

また、クレジットカード会社との契約が前提となりますので、クレジットカードの審査を通るのが難しい人は、借りるのが困難になります。

クレジットカードの審査にも審査項目がいくつもありますが、審査の中には個人の信用情報もチェックされますので、過去に何かトラブルがあった場合は契約が難しいです。

その中には携帯電話の料金を滞納した場合もトラブルとしてカウントされます。

と言うのも、携帯電話はカードや口座引き落としで支払われるため、滞納があると情報が残ってしまうからです。

審査基準が非常に緩い賃貸不動産

不動産の中には、審査自体が非常に緩い物件もあり、風俗嬢の場合も借りやすい物件もあります。

不動産の賃貸契約は大家入居希望者との間で締結される場合が基本ですが、不動産の権利を実質的に不動産管理会社が持っている物件もあります。

その場合、不動産管理会社は家賃収入を優先させることもあり、審査を緩くしてしまう場合があるからです。

この不動産は、アパートやマンションを不動産管理会社が一棟全部を丸ごと借り上げ、その不動産を転借して契約します。

そのため契約書には大家が入って来ません。

ですから審査が緩くなる場合が多いのです。

ちなみに、そのような物件の場合は借りた後での生活が良く無いのではないか、との危惧があるかとも思います。

しかし、そのような心配は必要ありません。

と言うのも、不動産を一括して借りる会社の中には、非常に大きな会社もあって、入居者に対するサービスも非常に良い場合があるからです。

これは、不動産管理会社としても入居者に退去された場合には、家賃収入が無くなるのでサービス向上に努めているからと言うことができます。