【風俗嬢や水商売の方向けの賃貸不動産情報サイト5選!】キャバ嬢やホストの方にも人気のおすすめサイトを厳選紹介!

水商売の人に全く対応してくれない不動産会社の特徴とは?

風俗で働くに当たり、賃貸物件を借りたいと思っていても、なかなか不動産会社が対応してくれないということもあるようです。水商売で働いているだけで差別されなければいけないのはつらいものです。

実際にどういう不動産会社が水商売の人に対して全く対応してくれないのでしょうか。

 

水商売を毛嫌いしている大家さんの意向を反映する

賃貸物件を申し込む時には、大家さんと不動産会社による審査が行われます。その時に不動産会社は大家さんの意向を反映しようとしますので、大家さんが水商売で働いている人を嫌っているのであれば、おそらく借りることができないでしょう。

大家さんとしては安定した収入があってトラブルを起こさない人に入居してもらいたいと思っていますので、その対極にある水商売で働いている人は、なるべく避けてほしいという風に思っています。そういう意向を反映した形で、不動産会社はなるべく風俗嬢を避けようとするということです。

水商売で働いている人であってもしっかりしている人もいる中で、なんとなくのイメージで敬遠されるということもあるわけです。大家さんの意向には逆らうことができないわけですので、不動産会社としては残念ながら協力することができないという事情があります。

 

収入の安定を何よりも重視する考えを持つ

不動産会社の中には、風俗嬢に対して積極的に貸してくれるところもある一方で、積極的に貸してくれないところもあります。積極的に貸してくれないところは水商売というだけで門前払いをすることもあるくらいです。賃貸物件であればなるべく収入が安定している人に貸したいと思っています。

不動産会社も審査に加わることはありますが、最終的な権限は大家さんにあります。大家さんとしては収入が安定していない人に対しては断りたいと思っているはずです。水商売で働いている人は一時的に収入が高くなることはありますが、それが安定しているのかというとそういうわけではありません。

収入が低い時もあるのであれば、それは安定しているとはいえないので、もしかすると家賃が支払えない可能性が出てくるわけです。家賃が支払えないということを避けるためにも、不動産会社としては、風俗嬢というだけで断ることもあるくらいです。

 

他の住民とトラブルを未然に避けたいという考えを持つ

賃貸物件において特に気にすることといえば、トラブルを引き起こさないかどうかです。トラブルメーカーと呼ばれる人が入居すると、大家さんや他の住民とトラブルを起こしたりします。そういう人を事前にフィルタリングして取り除きたいという側面があります。

トラブルを起こしそうだなと思われる職業として水商売があります。夜遅く帰ってきて、生活のリズムが普通の人とは真逆になりますので、そういう中でトラブルを起こす割合が高くなっています。トラブルメーカーを避けたいという心理が働いて、不動産会社としてはどうしても水商売で働いている人を避けてしまいます。

トラブルが起きてしまうと、まともな人であっても嫌な気持ちになりますので、それによって別のところに移り住むということもあり得ます。そうならないためにも、未然にトラブルを起こしそうな人たちを避ける傾向があるわけです。偏見ではないかと思いがちですが、もともとのイメージが悪いためにそうなってしまいます。

 

不動産会社の中には、水商売の人でもきちんと対応してくれるところもある一方で、門前払いをしてしまうこともあります。門前払いをする不動産会社の特徴としては、大家さんの意向を反映しているということと、収入が安定していることを何よりも重視するということ、トラブルメーカーになり得る人を何よりも避けたいということがあります。

風俗嬢の人のイメージの悪さから起因する結果になっていますので、可能性を上げるためにも日頃からの言動などに注意することが求められるのではないでしょうか。

 

おすすめ関連記事




サイト内検索
賃貸情報サイトランキング!
記事一覧