【風俗嬢や水商売の方向けの賃貸不動産情報サイト5選!】キャバ嬢やホストの方にも人気のおすすめサイトを厳選紹介!

風俗で働く人が賃貸契約で必要な書類とは?

水商売や風俗で働く人にとってネックとなるのが、住む場所の確保です。
水商売や風俗の場合には勤め先としての信用力は低くみられがちで賃貸物件の入居審査に通らないこともあります。
ただし、十分な収入がある場合にはちゃんとした手続きを踏むことで賃貸物件の入居審査に確実に通ることができるので、諦める必要はありません。

風俗で働いていると賃貸物件は借りられない?

風俗で働いていると、信用力としては低くみられがちです。
この理由としては年齢景気などの要因によって収入が減る可能性があるためです。
実際には保証料も支払っているわけで借りられないわけではありませんが、企業に勤めるサラリーマンやOL、それに公務員と比べると定期的な収入がないぶん貸す側にとっても将来的なリスクが高いと考えられてしまいます。
ただし、世の中にはさまざまな職業の人がいて、アルバイトや契約社員なども風俗と同じく不安定な職業とみられるので借りる条件とは同じです。

賃貸物件を貸すか貸さないかはオーナーによって変わってきますから、風俗で働いても印象が良かったり、ちゃんとした収入があれったりすれば賃貸契約を結ぶことができます。
また、収入があるということで家賃を必ず支払えることは重要です。
このため、どのような職業についていてもその家賃に対して十分な支払い能力があり、オーナーにとってこの人であれば家賃の支払いを滞りなく行ってくれると思わせることが賃貸物件を借りる上ではもっとも重視されます。

入居審査で見られる部分をクリアするには

賃貸物件を利用するさいには賃貸借契約を結ぶ前に入居審査をクリアしなければなりません。
入居審査は管理会社やオーナーが、この人ならば問題がないと判断する場面です。

あらかじめ落ちないようにする工夫としては夜職でも可能の物件を探すことです。
これらは風俗などで働いている人と承知の上で貸してくれる物件ですから通る確率は高くなります。
また、職業は隠さずに風俗勤務であることや、これから働くことが決まっていること、勤続年数などを正直に伝えることで印象が変わってきます。それに一時的でも昼の仕事を行うことでも印象を変えることができます。

この他の方法としては代理契約で、親族名義で借りる方法もありますし、預貯金を見せて貯蓄がどれだけあるか見せることでも審査に通る可能性があります。
ただ、預貯金に関しては見せ金のようなものですから、効果がないオーナーもいます。
それと確定申告をした場合の課税証明書も年間所得を把握することができるものですから、審査でも有利になります。
いずれにしても貸してくれる相手に対して支払いができる能力があることを証明することが大事です。

賃貸物件を借りるのに必要な書類

風俗で勤務していても賃貸物件を借りる際の書類は変わりません。
契約に必要なものは、身分を公的に証明する住民票印鑑証明収入を証明する書類保証人関係の証明書銀行口座印鑑およびキャッシュカード、そして現金です。
風俗勤務の場合には扱いとしてはフリーランスや自営業のようなもので特に収入を証明するものは重要視されます。
住民票は必ず必要で、印鑑証明は簡単に作ることができるので慌てる必要はありません。
保証人に関しては、用意できない場合には保証会社を利用することになりますが、保証会社は入居とは別に審査の対象となるので注意が必要です。
近年では保証人が居ても保証会社を求めてくるケースも増えています。

一般の不動産屋の場合には、風俗勤務の場合には不利なケースもありますので、風俗や水商売向けの賃貸不動産屋かサイトを利用する方がスムーズに話を進めることが可能です。
その人の状況に合わせてサポートしてくれるので、お部屋を借りることができる確率が高まりますし、必要な書類の取得の仕方も教えてくれます。

 

おすすめ関連記事




サイト内検索
賃貸情報サイトランキング!
記事一覧