【風俗嬢や水商売の方向けの賃貸不動産情報サイト5選!】キャバ嬢やホストの方にも人気のおすすめサイトを厳選紹介!

風俗の人は都会に賃貸を借りるのは難しい?

風俗で働くならば、田舎よりもやはり都会のほうが良いでしょう。都会では人も多いのでお客さんがたくさんいますし、収入が高い人も大勢います。このようにメリットが多い都会ですが、自分の生活はどのようにすれば良いのでしょうか。

特に、誰もが必要とする住居ですが、賃貸住宅を借りることはできるのでしょうか。しばしば風俗の人だと難しいという意見も聞きますが、どのようにすれば上手く借りる方法があるのか調べてみる必要があります。

 

風俗で働く人は賃貸契約がなかなかできない

残念なことに風俗で働く人は賃貸住宅を借りるためのハードルが一般の昼の仕事をしている人よりも高くなってしまいます。家主の立場からすれば、最も理想的な顧客は安定的に期日に遅れることなく家賃を払ってくれる人です。

ですが、夜の仕事は、昼の仕事に比べると収入が不安定になってしまいます。お客さんが安定的にいれば良いですが、多くの人はそう都合良くはいかないでしょう。また、仕事を長期で続ける人も少ないのがこの業界の特徴です。

結局、家主からすれば難しい顧客になってしまいますので、積極的に迎え入れたいと考える人はなかなかいません。このように考えていくと、審査のハードルが高くなってしまうのは明らかですが、ではどうすれば夜の仕事をしている人は賃貸物件に住むことができるのでしょうか。

 

工夫してハードルを下げる

普通に考えれば夜の仕事をしている人は賃貸契約が難しいですが、やり方次第でハードルを下げることができます。まずは一時的でも昼の仕事を入れることです。昼に仕事をしているアピールをすることができれば、安定的な稼ぎあがるように見えます。

これならば、審査の時にはまじめに安定した収入を得ている人に見えますので、審査が通りやすくなります。場合によっては夜のお店がこうしたことを手助けしてくれることもあります。相談をしてみると、一時的な昼の仕事を紹介してくれる場合もあるそうです。

また、他人の名義で契約することも考えられます。自分では難しくても他の人であれば、審査が通りやすくなるかもしれません。この場合は、しっかりと相手に自分のことを伝えていく必要があります。後で問題になることがないように、お金に関することはきちんとやり取りすることが大切です。

 

預貯金の多さで審査を通す

こうした裏技のようなやり方は嫌いだと感じる人もいるかもしれません。また、他人名義になると人間関係が難しくなると感じる人もいるでしょう。そこでもっと簡単な方法として、預貯金の多さでアピールする方法もあります。

貸主からすれば相手に十分なお金があれば良いので、貯金がたくさんあることをアピールできれば、それで解決します。ですが、一般的に審査のためにはかなりの貯金額が必要です。賃貸契約のための25か月分が必要だとも言われています。

一ヶ月ならば数万円程度ですが、これ程まとまったお金となるとなかなか難しいと感じるかもしれません。もちろん不動産会社によって審査の内容は違ってきます。あるところでは上手くいかなくても、他の会社では審査に通ることもあるでしょう。一件ダメだからといって諦めてしまうようでは、いけません。諦めずにいくつか周れば、違った結果になる可能性もあります。

 

風俗で働く人は、賃貸契約を結ぶことが難しいです。貸主とすれば安定的な収入があって、十分に賃料を払える人を期待するからです。夜の仕事は不安定ですので、信用があまりありません。ですが、工夫次第で状況を変えることもできます。

例えば、一時的に昼の仕事をしてみる、名義を別の人物にする、といったやり方です。他にも十分な預貯金があれば、それでアピールすることもできます。やり方次第では審査の難易度を下げることができますので、工夫してみることが大切です。

 

おすすめ関連記事




サイト内検索
賃貸情報サイトランキング!
記事一覧