【風俗嬢や水商売の方向けの賃貸不動産情報サイト5選!】キャバ嬢やホストの方にも人気のおすすめサイトを厳選紹介!

担当の営業マンが信用できない場合はどうすればいい?

風俗の仕事は立派な仕事の一つなので、もちろん賃貸物件を利用することができますが、その時に営業マンにお世話になります。不動産会社の営業マンは、会社やその個人により、知識レベルや親切度が異なってきて、人によっては信用できない人もいます。

そんな場合に、どう考えるか・どうすべきか・どのような対策があるのかなどについて説明している記事です。

 

まずは本当に信用できないかを考える

家を借りる場合には、様々な法律や業界用語などが出てくるので、慣れていない人は賃借物件に住む際の各手続きを、面倒に感じる人も少なくないでしょう。営業マンによっては、難しい言葉を使わずにお客が理解しやすいように説明してくれる人がいますが、もちろん全員ではありません。

話が難しい場合にイライラしてしまい、この人は信用できないと感じてしまうこともあるでしょうが、営業をかえても同じような事態になる可能性があります。営業から説明を受けている時に、あまり話してくれないので不安になってしまい、信用できないと感じてしまう人もいることでしょう。

その場合、お客に不必要なストレスを与えないように契約時に必要な所だけを選んで説明してくれている可能性があります。風俗の仕事をしていると言うことで、話しを進めている時に、あれこれ聞いてくるので信用できないと考えてしまうこともあるでしょう。この場合、悪意などから聞いてくるのではなく、お客に興味があったからこそ、話しかけてきている可能性があります。

 

担当をかえて貰うか他の会社を利用する

あれこれ考えて信用できないと言うことであれば、不動産屋にそのことを伝えて、担当をかえて貰うという選択股を選んだほうがいいかもしれません。かならずしもかえて貰えるかは分かりませんが、言わないで後で後悔するよりは、言ったほうが良い場合が少なくないです。

その場合、なぜかえて欲しいのかと言うことを曖昧に言わず、また正直に伝えたほうが、担当をかえて貰いやすくなるでしょう。メールだと信用できないと思った営業の人に見られてしまう可能性があるので、電話してその人の上司にかわって貰い伝えるという方法がいいかもしれません。担当を変更して貰えずその人は絶対に嫌だということになると、違う不動産会社を利用するというのも一つの手だと言えます。

風俗店があるのは基本的に人口が多い地域にあるので、賃貸物件を扱っている会社は少なくないことが予想できます。現在は、インターネットで簡単に自分が住みたい地域の賃貸物件情報を手に入れることができるので、一つの会社に頼らなくても家は探せます。

 

風俗の仕事に理解ある会社に相談する

誤解を恐れずに言えば、風俗業界勤務者と一般的なサラリーマンとでは、家を借りる際の審査や流れなどを少し異なる可能性があります。風俗業に理解がある会社には、風俗をしている人に配慮できる営業がいるので、その人を信用して話を進められることでしょう。

仕事に関しての理解があるので、話がスムーズに進み、ストレスなく、そしてより早く新しい家に住めることが期待できます。審査を通す方法にも詳しいので、一般的な不動産会社で審査が通らなかったとしても、家を借りられる可能性が高くなります。

もちろん、個人情報などの取り扱いも、法令などを順守して適切に対応してくれるので、安心して利用することができるでしょう。風俗業界勤務者はセキュリティのことを心配する人もいると思いますが、オートロックや防犯カメラなどが付いている住宅も多数紹介してくれます。どんな年齢の人でも対応してくれて、20代はもちろん、30代・40代以降の女性でも、親切に対応して貰えます。

 

どんな人でも自分と相性が良い人と悪い人がいて、自分の理想にある家に住みたい場合は、相性の良い人と話を進めるのがいいと言えるでしょう。風俗業の人のための賃借物件の紹介に強い会社を利用すると、相性の良い人と出会える確率が大幅に上がることが期待できると言えます。

自分の理想にかなう家に住めると風俗の仕事を頑張ることができ、収入を増やしたり、お客に質のいいサービスを提供できるようになることが期待できます。

 

おすすめ関連記事




サイト内検索
賃貸情報サイトランキング!
記事一覧