【風俗嬢や水商売の方向けの賃貸不動産情報サイト5選!】キャバ嬢やホストの方にも人気のおすすめサイトを厳選紹介!

カードがブラックでも賃貸を借りられる?

アパートやマンションなどの賃貸契約を交わす際には、事前に入居審査をパスする必要があります。

債務整理をしたり返済が遅れてブラックリストに載った人であっても、絶対に賃貸物件を借りられないわけではありません。

 

採算が合うので部屋を借りることはできる

世の中には水商売や風俗の仕事をしている人向けの賃貸情報サイトがいくつもありますしカードがブラックでも住まいを借りることは可能です。

保証会社を利用する割合的に50%が条件にはなりますが諦める必要はありません。

様々なクレジットカードが発行をされているものの、その多くは年会費無料で持つことができます。

年収の高い特別な資格を取得していたり、企業の経営者クラスになると、ステータスの高い年会費も高額な種類を持つこともありますが、一般人が持つのは年会費が無料であることが大半です。

クレジット会社側からしたら、年会費がないのは利益を生み出すことに乏しいことになります。

しかしクレジット決済での利息などで儲けはしっかりと得ているので採算は合うわけです。

賃貸物件の保証会社に関していうと、滞納率も6人に1人かそれ以下であれば、総合的な採算は合うようになっています。

審査自体も部屋を借りる際は比較的甘いので、よほどの問題を起こしていなければ、希望通りに部屋を借りて住むことは可能です。

 

審査がブラックでは通らないことも

ほとんどのマンションやアパートではブラックでも審査はパスする確率が高いですが、内容によっては通らないこともあります。

さかのぼって7年間の間に、これまで住んでいたマンションなどの家賃を滞納した経験がある場合は厳しいです。

保証会社は家賃滞納が3ヵ月間連続して発生をしたら、お金を補填する仕組みですが、そこから3ヵ月間経過をしてまだ自分で支払うことがないと、今度は強制的に部屋を退去しなければなりません。

住む家を失ってしまいますので、本人自体が困ることになります。

これまでに保証会社を頼りお金の補填をしていた場合、一般法人の協会にそのデータは送られるのは避けられません。

過去にたったの1回であろうとも、自己破産を経験した人の場合も、同様に住まいをスムーズに借りる審査を通過するのは難しいです。

裁判所を利用して自己破産をしたことを、正直に自己申告しなかったとしても、生年月日と本名で案外簡単にわかってしまうため、隠し通すことはできません。

 

知っておいて損はない審査パスできないこととは

職業が風俗であろうと水商売であろうとも、住む場所がなければ生活に困りますし、賃貸契約時の審査に通らないわけではありません。

クレジットカードを利用してきたものの、住まいを契約する際にブラックであっても、契約不可能なわけではないです。

希望をもって住まい探しをして申し込むべきですが、知っておいて損のない契約が難しいケースもあります。

住まいを借りる際の保証会社ですが、管理している会社や大家の意向により物件の保証会社は異なるのが一般的です。

CICに過去5年間の間に、何か履歴が残っている場合、契約ができないことがありますが、保証会社が信販系でと起こりうる話でもあります。

新規でクレジットカードを申し込み、審査に通って発行ができる人は大丈夫ですが、この場合だとブラックのままでは無理です。

CICの信用情報に関して、賃貸物件契約の審査において閲覧をすることはできません。

だからこそ慎重になるのが、それ以外の融資に対してです。

契約をしたい住まいの家賃と、その人自身の収入との比率を見た時に、もしも25%以上であった場合は若干厳しいです。

 

職業が何であろうともカードがブラックであっても、基本的に賃貸物件を借りることはできます。

すべてがOKではないのは、それなりの理由があるためであり、マイナスの要素も知ったうえで前向きに部屋探しをしましょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
賃貸情報サイトランキング!